黄色のトナー 業務用印刷機
チェックする

今のプリントアウト技術はとても高純度であり、家庭で写真の印刷や書物の作成が可能になっている。
自分で作成した作品を自分で印刷し、製本することが出来るようになったものの、一般家庭で行なえる印刷については、どのように行なっても限界が存在する。
クオリティは家庭用のプリンターでは一定の成果しか上げられず、あくまでも家庭用であり、そのカテゴリーからは抜け出すことが出来ない。
自分の作った作品を配布、または販売するといったなら、もう少しクオリティに力を入れたいと考えるところであろう。
そんなときは、印刷会社にお願いするのが最も良い方法だ。

印刷会社は、何も大手の出版社の仕事だけを受け付けているわけではなく、個人の依頼も多く引き受けている。ちょっとしたチラシから、広告用のポスターまで幅広く取り扱うことが出来、依頼者に的確なアドバイスをくれることもある。
さらに、個人の依頼に対応したプランも存在し、比較的安価での印刷、量産が可能である。
そのプランの中で、個人の製本として最も多いのは、中綴じ冊子である。
この中綴じ冊子とは、ページ数が少ない作品に適応され、表紙と中身が同化し非常にコンパクトな形に仕上げることが出来るものである。
中綴じ印刷を行なってくれる印刷会社は様々存在し、中綴じ印刷はどこも安価で行なってくれるところが非常に多い。
中綴じ印刷が適応される作品の条件としては、ページ数がそこまで大量でなく、安価な仕様でかまわないといった依頼であれば適応される。
主にパンフレットや会報などの簡単な作りでよい場合に行なわれる。

中綴じ印刷には種類が存在し、通常の中綴じ印刷とは別に、無線中綴じ印刷というものがある。
無線中綴じとは、比較的多いページ数で出来るだけ本に近い形にしたいといった場合、適応される。
通常の中綴じの場合は中心を針金で固定し製本するが、無線中綴じの場合は背表紙を作り、糊付けすることで本に近い形での製本となる。
この無線中綴じは通常の中綴じと比べて少々コストがかかるものの、非常にクオリティは高く、学術誌や研究史、報告書などに使用される。

これらを使い、リーズナブルな値段で自分の理想の作品を作ってほしいところである。
現在ではこの中綴じ印刷の需要も伸び始め、非常に一般的な印刷方法となっている。
印刷を行なう際には、印刷会社と綿密な打ち合わせを行なったうえで、製本してほしいところである。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930